黒いソファ

貼るだけで紫外線を遮断できるUVカットフィルム

シンプルな部屋

貼るだけで人体に悪影響もある紫外線を遮断することができるUVカットフィルムが人気となっています。部屋の明るさを損なうということもないので、雰囲気を変えずに生活を続けることができるというのが人気の秘訣となっているので、ぜひみなさんもお試しになってみてはいかがでしょうか。

夏になると、日焼け止めなどの紫外線対策の商品の広告をよく目にしますよね。現在、ほとんどの女性がUVケア商品に関心を持っているのではないでしょうか。
UVカットの商品というと、日焼け止めなど外に出るときに使うイメージがつよいですが、最近ではUVカットフィルムという、窓に貼るだけで部屋の中に紫外線が入ってくることを防げる商品が出ているそうです。
屋内にいるなら、紫外線はそこまで気にしなくてもいいんじゃないの?って思っちゃいそうなところですが…たしかに、昔よりも紫外線は強くなってきているという話もよく聞きますし、昔よりもより一層のケアが必要になってきているのかもしれません。そう言われてみれば、屋内にいるときだって日当たりの良い部屋なら紫外線は入ってきているはずです。室内にいるときはすっぴんでいる事も多いので、肌は一番無防備な状態です。
部屋に日光は取り入れたいけど、絶対にやけるのは嫌だし、かと言って部屋の中でまで日焼け止め塗りたくないですもんね。それを思うと、貼るだけで紫外線を避けることができるUVカットフィルムはお手軽ですね。どこにでも気軽にUVカットフィルムを貼ることができるなんて便利ですよね。オススメしたくなる商品です。

ここが凄い!!UVカットフィルムの効果

窓ガラスにUVカット加工を施した車に乗っている方は以前からたくさんいますが、近年ではマイホームの窓ガラスにもUVカットフィルムを貼って紫外線対策をしている方が増えています。今回は自宅の窓ガラスにUVカットフィルムを貼ることによって得られる効果とメリットについてご紹介します。
紫外線は人間の体に皮膚癌や白内障を引き起こす原因になるだけでなく、家具や床材の退色劣化や日焼けの原因にもなります。窓にカーテンを取り付ける際に遮光性やUVカット機能・断熱性を重視される方もいらっしゃいますが、実は窓ガラスに直接UVカットフィルムを貼った方が紫外線を遮断するという面では遥かに有効です。カーテンの場合、開けている間は紫外線が室内に侵入していますが、UVカットフィルムを貼った窓ガラスは常時紫外線を遮断して室内を守ってくれるからです。また、UVカットフィルムを窓に貼ることで家の断熱性能がアップします。この効果によって、夏は涼しく、冬は暖かく室内の温度を保つことが可能になります。したがって、光熱費が低く抑えられるというメリットがあります。さらに、UVカットフィルム施工された窓は非常に割れにくいため、防犯にも役立ちます。台風等の時に物が衝突してもガラスが飛び散ることもありません。
窓ガラスのUVカットフィルム施工は特に難しい作業ではないので、施工業者さんと相談して紫外線に強い家づくりをしてみてはどうでしょうか。

UVカットだけじゃない魅力

紫外線が人体に悪影響を与えるという事は、昨今において様々なデータにより実証されています。外出時は日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、サングラスをかけたりして防げますが、休日などで家にいる時までいちいちそんなこともやってられません。ですが紫外線は屋内においても、窓がある限り通り抜けて入ってきてしまいます。しかし、ずっとカーテンを閉めているわけにもいきません。
そんなときに役に立つのが、UVカットフィルムです。このUVカットフィルムは貼るだけで紫外線を大幅にカットする事が出来るのです。日光を部屋に入れつつ、紫外線を遮断し、なおかつガラスの飛散防止機能もついてきますので、一石二鳥です。
UVカットフィルムは基本は透明タイプですが、グラデーションや柄の入ったデザインもありますので、窓自体をおしゃれなインテリアにすることも可能です。レパートリーはメーカーさんによって違うので、比較してお気に入りを見つけるのも楽しいかもしれません。少し値はあがりますが、一からデザインしてくれる所もあるようです。こだわりがある方は一度探してみると、可能性が広がります。
貼ると決まったらガラスの種類に注意してください。昔のデザインガラスやくもりガラス、針金の網が中に入ったガラスなど、タイプによっては貼れないものもありますので、確認にしてください。

Pick up

自宅の窓ガラスにもUVカットフィルムを

UVカットフィルムと聞くと、まず初めには車の窓を思い浮かべてしまいます。大体の車には施されている天井もというか、フィルムなしで、ガラスにそういった種類のものがあるのだと思いますが。女性にとっては、絶対と言っても良いくらいUVカットであって欲しいです。子供も乗せますし、長時間同じ体勢でいますので、日焼けもガンガンしてしまう。昔、身体半分だけ焼けてしまった事もありますので。そして最近では…

More Details

TOP